東大教授、澤田先生に学ぶ!Prof.Sawadaの薬剤師ヒヤリ・ハット・ホット

東大教授、澤田先生と学ぶ!ヒヤリハット事例

医療の現場で起こった薬の使用に関するヒヤリ・ハット事例を取り上げ、事の顛末を精査し、その原因を追求し、最終的にホットするためにはどうするか? などを澤田教授の視点からわかりやすく解説します。

バックナンバー

澤田教授

澤田教授
四半世紀にわたって医療現場へ高感度のアンテナを張り巡らし、薬剤師の活動の中からの新しい発見、ヒヤリ・ハット・ホット事例を収集・解析・評価し、薬剤師や医師などの医療者や患者などの医療消費者へ積極的に発信している。最近は、医薬分業(薬の処方と調剤を分離し、それぞれを医師と薬剤師が分担して行うこと)のメリットを全国民に理解してもらえるためにはどのような仕組みとコンテンツが必要か、日々考えている。

薬学者。東京大学薬学部卒業。その後、米国国立衛生研究所研究員、東京大学医学部助教授、九州大学大学院薬学研究院教授、東京大学大学院情報学環教授を経て、現在、東京大学大学院薬学系研究科教授。更に、NPO法人 医薬品ライフタイムマネジメントセンター・センター長、日本薬剤師会 DI委員会・委員長。著書には「ポケット医薬品集2015」(白文舎,2015年)、「ヒヤリハット事例に学ぶ服薬指導のリスクマネジメント」(日経BP社,2011年)、「処方せんチェック虎の巻」(日経BP社,2009年)、「薬学と社会」(じほう,2001年)、「薬を育てる 薬を学ぶ」(東京大学出版会,2007年)、「この薬はウサギかカメか 」(中公新書、中央公論新社、1997年)、「薬の飲み合わせ」(講談社ブルーバックス、講談社、1996年)など他多数。

アイフィス(i-phiss)詳しくはコチラから
アイフィス『薬剤師さん!頑張ろう!』は、インターネットによる薬剤師間情報交換・研修システムです。薬剤師の先生方から寄せられた臨床事例・情報に、解析・解説を加えた上で、教育研修コンテンツとして提供しています。「ヒヤリ・ハット」「処方チェック」「薬物相互作用コンサルティング」「育薬・医薬品適正使用コンサルティング」などのコンテンツを無料でご提供しています。
育薬セミナー2015詳しくはコチラから
医薬品適正使用・育薬をテーマに年間24回開催しているセミナーです。インターネットによるe-learning(VOD)と、会場参加(リアル)の二種類があります※1。新薬や頻用医薬品の徹底分析、医療現場で起こったインシデント事例の解析など、日々の薬剤業務で実践的に活用できる情報が満載のセミナーです! 継続して受講し、所定の単位を修得すると、「DLM認定薬剤師」に認定いたします※2。
※1 テレビ会議システム(センターが無料でご提供)によるセミナー受講のための会場の公募も行っております。集合研修に最適です。詳しくはお問い合わせください。
※2 薬剤師認定制度認証機構により生涯研修プロバイダー(P01)として認証を受けています。

医薬品ライフタイムマネジメントセンターは、東京大学大学院薬学系研究科の教員有志により、医薬・食品に関する情報収集・調査・解析、社会還元と、それらを推進する人材を育成することを目的に設立された特定非営利活動(NPO)法人です。

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。