企業紹介株式会社フロンティア

門前薬局を中心に全国で146店舗を展開。(子会社含む)
医療・福祉・介護から暮らしをサポート

  • 未経験者歓迎
  • 年間休日120日以上
  • 住宅手当支援
  • 資格取得支援制度あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 子育てママ在籍中
  • 残業月10時間以下
  • 会社概要
  • 社員インタビュー
気になる職場をチェック!

ESC、リージョナルマネジメント、そして
自主独立の精神が経営のキーワード

2013年4月1日、保険調剤薬局を展開する株式会社フロンティアは、在宅介護のための福祉用具・住宅リフォームの株式会社ハートウェルと合併、新たなスタートを切りました。日本の高齢化が加速し、地域包括ケアシステムの確立が急がれる中、フロンティアは医療(薬局事業)と福祉の一体化により、患者様・ご利用者様により利便性の高いサービスをワンストップで提供できる調剤薬局を目指します。企業理念は「人と心を大切にする」。所属するワタキューグループの社是「心」の基本方針にある、「感謝の気持ちと謙虚な姿勢」を常に忘れることなく、患者様・ご利用者様に受け入れられ、喜ばれる地域に根ざしたサービスを提供します。フロンティアが掲げる経営方針は大きく3つ。1つ目が“ESC”(Employee Satisfaction=従業員満足/Customer Satisfaction=顧客満足)で、これは従業員が満足して働ける環境でなければ、お客様の満足も引き出せないという考えからです。2つ目が「リージョナルマネジメント」。国が進める地域包括ケアシステムに対応すべく、薬局ごとにその地域に合った事業展開を進めています。3つ目は社員一人ひとりが「自主独立の精神」を持って仕事に臨むこと。各自が責任を持ち、会社経営に参加する意識を持つことで、現場が主役である薬剤師により大きな力を発揮してもらいたいと考えているからです。フロンティアは社員を会社の財産と考え、将来を託せる人たちの育成を何よりも大切に考えています。

総合的な視点で患者様に寄り添う姿勢を持ち
患者様のために自己研鑽できる人

フロンティアは「人と心に寄り添う」サービスの実践のため、薬のスペシャリストであるのはもちろんのこと、真のヒューマンスキルを兼ね備えた医療人を育成し、地域に貢献することを目指しています。中途入社の方の場合、病院での業務経験者やMRの方など薬剤師の経験の有無もスキルもまちまちですが、薬だけでなく総合的な視点で患者様に寄り添う姿勢を重視しています。常に向上心を持ち、患者様のために自己研鑽する姿勢を大切にする、そんな人材をフロンティアは求めています。また、調剤経験については経験が少ない方の場合でも受け入れています。その方の調剤経験やスキルにより勤務可能な店舗を決定し、OJT研修を通して徐々に業務を習得していただきます。中途入社の方へのフォロー研修など、環境整備については今後充実を図っていきます。

実践的で役に立つ薬歴研修はじめ
階層別研修や集合研修が充実

中途入社の方向けの教育研修については、ブランクのある方、調剤経験のない方など、それぞれのレベルに応じた研修を、一般薬剤師、管理薬剤師などの階層別に実施しています。研修の内容は薬歴、疾患別、処方解析などの定期研修があります(一部動画配信)。薬歴研修は薬歴の記載方法を学ぶカリキュラムですが、的確な服薬指導とそれに基づいた充実した薬歴の記載が、当社のテーマの一つとなっており、「実践的で役に立った」と受講者の評判が高い研修の一つです。マナー研修やコミュニケーション研修は、同僚や教育担当スタッフと実践形式で行い、接客応対に必要な心構えと基本スキルを身に付け、自分の言葉で伝える訓練です。また、空いた時間に各自が効率的に学べるように、自宅でも1講義15分から学べる「e-ラーニング」を取り入れ、専門技術、専門知識を補完できる環境を整えています。薬剤師生涯研修プログラム全1000種類のコンテンツについては、会社を通じた申込みの場合、格安で受講が可能で、さらに受講単位結果により会社補助もあります。通信教育講座についても130種類以上の講座から受講が可能で、講座によって受講料の半額または全額が支給されます。また、業務上の不安を解消するため、担当社員が悩みを聞いたり相談にのったりする部署もあります。

子育て支援など福利厚生制度を完備
支店制の導入により、より一体感のある社風に

社員の男女比は1:4で女性が多く、年齢は30代が中心。門前薬局の比率が高く、9時~18時の店舗や土日休みの店舗が多いのも特徴です。80,000人を擁するワタキューグループの一員であるため、各種手当(家族、住宅、地域、通勤、応援勤務、薬剤師、夜勤など)はもちろんのこと、社会保険(薬剤師賠償など)、福利制度(退職金、社宅借上げ、資格取得補助)、再雇用制度などが充実しており、育児休暇、育児時短制度などの子育て支援も整備されています。産休・育休・時短制度はほぼ100%の取得率で、実際に利用しながら働いている人の実績が2014年8月時点で70名を超えている状況です。職場の雰囲気は「人があたたかい」「親しみやすい」と感じている従業員が多く、結果的に長く勤める人が多いのが特徴です。2014年4月から支店制を導入したことで、支店ごとの慰安旅行やホテルを借り切って行う期初の懇親会を実施しており、支店長が自ら衣装を身に付けて芸を披露するなど率先して企画に参加し、大変盛り上がりました。他にも職場単位での食事会やボウリング大会、バーベキュー大会など活発な相互交流が行われています。

門前薬局のスペシャリストとして
新しい調剤薬局を追求

フロンティアは「医療」「福祉」をキーワードに、地域の皆様の健康と暮らしに貢献できるサービスの提供を目指します。門前薬局のスペシャリストとして、新しい調剤薬局のあり方を当社と一緒に追求していきましょう!

気になる職場をチェック!

マニュアル化し過ぎない
臨機応変な対応を心掛ける

  • 2000年入社 女性 36歳
  • 前職:なし(新卒入社)

Q1入社したきっかけ(転職で最も重要視したこと)、入社当時のエピソードがあれば教えてください。

総合病院前やクリニックの門前などいろいろなタイプの薬局を経験したいと考えて、阪神間に様々なタイプの薬局を展開しているフロンティアを選びました。入社後はクリニック前の店舗で2年半勤務後、「勤務年次の浅いうちにいろいろな店舗を経験したい」と上司に希望を伝え、3年目からは4店舗を掛け持ちする勤務形態を1年間続けました。これも近隣に異なるタイプの薬局が連立しているフロンティアだからこそ可能な勤務スタイルです。毎日違う店舗に出社するので、薬局ごとに異なる運営のスタイル、薬局長のマネジメント、人間関係などを同時に体験することができました。薬局長のマネジメントスタイルも、例えば自分自身が動かなくても、ひと声かけるだけで業務が回っていくようなカリスマ性のある薬局長もいれば、反対に自ら体を張って率先して業務に取り組むタイプの薬剤師もいて、いろいろなマネジメントスタイルがあるなと感じました。私自身は4年目に薬局長になりましたが、薬局の業務運営を考えるにあたり、その時の経験が少なからず役に立っていると思います。

Q2この仕事で心がけていることや、やりがいを教えてください。

現在、薬局長としては5店舗目で、中規模の総合病院前の店舗運営を任されています。総合病院以外にも小児科や皮膚科などのクリニックがあり、小児から若い方、高齢者の方と満遍なく患者様が来局されます。薬剤師はのべ7人在籍していますが、シフト勤務で全員が顔を合わせることは殆ど無いため、担当薬剤師が不在となっても患者様に迷惑が掛かることのないよう、「この患者様には何時までに電話連絡する」など言葉のキャッチボールを通して相互の連絡を緊密、またスムーズにして、代わりの人でも同じ業務ができる体制を整えています。薬局長として心がけているのは「マニュアル化し過ぎないこと」。患者様1人ひとり、その方に合った対応ができることが大切で、例えばしっかり相談に乗って欲しいという方もいれば、飛び込みで急いでいる方もいるので、患者様の状況を見極めて臨機応変に対応し、状況にあわせた服薬指導ができるようにアドバイスしています。複数店舗を見てきた経験から、自分が率先して動いてしまうのは簡単だけれども、そうではなく、自分が居なくても社員一人ひとりが考えて行動し、自然に業務が回っていく薬局づくりを心掛けるようにしています。

苦労したこと、勉強になったことなどエピソードがあれば教えてください。

これまでに開局の立ち上げを2度経験しました。開局の場合、どういう患者様が来局されるのか、どれくらいのボリュームの処方箋が来るか、何も予見が立たない状況で、調剤内規のルールなども一から決めていかなければなりません。徐々に患者様が増えて忙しくなってくると、今度は患者様を待たせないために業務を見直し、より効率的な方法を考え、1年から1年半ぐらいかけて、運用ルールを少しずつ整備して、理想的な運営を確立していきます。スタッフ同士の人間関係や医療機関との関係づくりも同様に一から構築していかなければならず、とくに最初の開局に立ち会った1店舗目は必死で、軌道に乗せるまで苦労しました。2店舗目になると、何にどれくらいの時間やパワーを掛け、どういう手順で準備していけば理想的な薬局づくりができるかが見えているので、比較的スムーズに軌道にのせることができました。一から薬局をつくり上げていく作業は大変でしたが、2店舗の立ち上げを経験することで、確実に自分の成長を実感することができたと思います。

お休みの日の過ごし方などを教えてください。

管理薬剤師として日々、円滑に店舗運営を行うことが当面の目標です。また、これまで習得してきた様々な知識を若い人たちに伝えて、自分が学んできたように若手にも育ってほしいと考えています。先日、ある若手薬剤師が自分とそっくりの言い回しを患者様にしていたので、自分が考える以上に普段の影響があるのだと実感しました。仕事も趣味も同じように大切に続けることが自分のモットーです。趣味のクラシックバレエは子どものころから始めて、今も週2回の休みを教室での練習に充てています。年に2~3回はバレエ教室の舞台発表があり、薬局の仲間を招いて練習の成果を披露しています。自分は転居を伴う転勤のないエリアコースの社員なので、このようにワークライフバランス重視の働き方ができるのもフロンティアのいいところだと思います。

転職を検討されている方へ、ひとことお願いします。

自分に合ったお店と出会える

フロンティアはいろいろなタイプの店舗があるので、自分に合ったタイプの薬局を見つけられる確率が高いと思います。また、壁にぶつかった時にも薬局長やエリアマネジャーなど相談できる人が身近にいますので安心して仕事に打ち込むことができると思います。

株式会社フロンティアの求人情報をご覧頂きまして、ありがとうございます。
お問い合わせ頂くとご希望のエリア・条件に合った求人情報をご提案します。

この企業の求人に問い合わせる

あなただけの求人を紹介する! 薬剤師専任のキャリアアドバイザー

リクナビ薬剤師は、ご紹介した求人へ就業していただくことだけが目的ではございません。就業先への「満足」を維持しながら1日でも長く就業して頂くことを目的としています。

薬剤師さん専任のキャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則

原則1 「あなた」も「雇用先」も満足頂ける求人を徹底的に探します!
必ずしもあなたの希望を完全に満たせる求人が見つかるわけではありません。数多くの求人から薬剤師専任キャリアアドバイザーが、あなたが満足できる条件の求人を提案させて頂きます。キャリアアドバイザーからの求人提案により、潜在化していたあなたの満足条件を引き出し転職成功へ導きます。
原則2 「あなた」が勤める勤務先の情報を徹底的に事前調査します!
「どのような人がいるのか?」「スキルアップできる環境なのか?」「話の合う同世代がいるのか?」など、働く上で気になる情報を徹底的に事前調査することで、就業後に予想外の問題が起こらないよう最善を尽くします。
原則3 「あなた」が働きながら転職できるよう万全のサポートをします!
働きながらの転職活動は難しく、予定通り進まないことが多いものです。また、退職期日が迫っている場合は、転職条件を妥協しがちです。薬剤師専任キャリアアドバイザーは、ゆとりを持って「安心」して転職先を吟味できるようあなたをサポートいたします。勤務先への条件交渉もお任せ下さい。薬剤師業界に詳しいキャリアアドバイザーがあなたの希望を叶えるべく、徹底サポートします。

お気に入り求人

一覧を見る

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。