企業紹介ファーマライズホールディングス株式会社

コンビニやスーパーとのコラボ店舗もオープン。
患者様のために「パーフェクト」な医療人を目指す。

  • 未経験者歓迎
  • 年間休日120日以上
  • 住宅手当・支援
  • 資格取得支援制度あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 子育てママ在籍中
  • 会社概要
  • 社員インタビュー
気になる職場をチェック!

面分業の薬局と在宅医療で
患者様の利便性向上を目指す

薬を扱うプロとして決してミスがないよう「パーフェクト(完璧)」を社是とするファーマライズホールディングス株式会社。その思いは、満月=パーフェクトを目指す13夜の月をかたどったロゴマークにも表れています。
現在、特に強化している取り組みは2つあり、1つは患者様の利便性向上を目的とした、面分業に対応した薬局作りです。その代表例が、2013年10月に東京都千代田区にオープンした「ファミリーマート+ファーマライズ薬局 末広町店」。「コンビニエンスストアも一緒に利用できて便利」「調剤薬局より入りやすい」と、界隈の会社員の方から周辺住民の方まで、幅広い層に好評を得ています。大手スーパーなどへの出店も進めており、簡易的な血液検査が店舗内で実施可能となっております。2つめは少子高齢化社会に対応した在宅医療で、すでに8年以上の実績を誇ります。現在、全店舗のうち約4割で実施していますが、今後さらにニーズが高まることは間違いありません。高齢者のための社会的なケアシステム、生活支援センターなどの整備が進む中、ファーマライズホールディングスもまた在宅医療のいっそうの充実を目指していきます。

患者様の言葉に耳を傾け、
改善のために行動できる人

経験の有無に関係なく、親身になって病気や健康の悩みに耳を傾けられる方、患者様の立場に立ち、やさしさと思いやりを持って対応できる方が求める人物像になります。たとえば、患者様から「この薬が飲み込みにくい」というご相談があった場合、飲み込みやすい剤形の薬を提案し、それを医師にフィードバックして、ご要望に合う薬に変更する。患者様のお話をただうかがうだけではなく、実際の行動に移して改善していける力をファーマライズホールディングスは大切にしています。
入社後のキャリアステップに関しては、各人の希望と能力を重視しています。仕事に対する考え方や将来ビジョンは人によって違うもの。ずっと現場で患者様のために働きたいという方もいれば、店舗経営に携わりたいという方もいるでしょう。一人ひとりが目標を実現できるように、年に2回、これまでの努力と、今後の方向性について上司に自己申告する機会を設けています。修得すべきスキルなど、上司が具体的にアドバイスしますから、思い描いていた未来へと着実に近付いていくことが可能です。

「まじめさ」をひとつの武器に、
委員会活動などを積極的に展開

ファーマライズホールディングスの強みの1つは、「まじめ」であることです。まじめといっても「かたくるしい」という意味ではなく、医療従事者として責任を果たしたいという思いからくる「厳しさ」だといえるでしょう。その姿勢がよく表れているものとして、自発的に行われている各種委員会活動があります。たとえば、調剤におけるミスを未然に防ぐための「過誤防止委員会」では、定期的に各地域から担当者が集まり、ミスをなくすためのアイデアや取り組みについて活発な意見交換を行っています。その内容は、担当者から各地域の店舗にフィードバックされ、全社的に共有されています。
また、医療人として患者様、お客様により適切な情報や商品をご提供するために、ジェネリックは中身を1つずつ確認して、会社の推奨後発品としてピックアップ。アロマオイルもただ香りがいいというのではなく、効能に関して学術論文などによる学術的根拠を期待できるものを選定し、各店舗に紹介しています。「患者様に安心して薦められる」と、現場の薬剤師からも好評です。

座ったままでの投薬で、
患者様との交流を深める

ファーマライズホールディングスには、他人とのコミュニケーションを大事にする人間が多いせいか、ソフトな雰囲気の社員が多いです。患者様とのコミュニケーションにも積極的で、多くの店舗が患者様も薬剤師もイスに腰掛けて投薬するスタイルを採用。身体への負担が小さいため、患者様も落ち着いて薬剤師に質問や相談をすることができます。ファーマライズホールディングスの投薬風景を見て、「ここなら、患者様とじっくり信頼関係を築けそう」と入社を決めた先輩薬剤師も、実は少なくありません。また、「患者様のことを一番よく知っているのは現場」という考えから、どんなOTCを取り扱うかなど、店舗作りは各薬局の現場スタッフにほぼ一任されています。現場の「こういうことをやりたい」という要望も通りやすく、風通しのいい会社です。全社的な交流の場としては、2年に1度、学術大会を開催。毎回、約800名の社員が参加し、与えられたテーマのもと、グループや個人など約30名が研究成果を発表しています。

現場の薬剤師が安心して働ける環境を実現

近年、注目度が高いジェネリック、アロマオイルなどはあらかじめ会社で品質を調査、選別していますから、安心してお客様にご紹介することが可能です。上場企業ならではの福利厚生も用意しており、薬剤師として安心して長く働ける環境が、ファーマライズホールディングスにはあります。

気になる職場をチェック!

丁寧な指導で、薬の知識も
患者様対応スキルも進化中

  • 2013年入社 男性 26歳
  • 前職:薬剤開発

Q1苦労したこと、勉強になったことなど、エピソードがあれば教えてください。

前職では薬の開発に携わっていたのですが、深まるのは担当分野の知識ばかり。もっと幅広い薬品の知識、使用方法などを修得しながら働きたいと、調剤薬局への転職を決めました。現在勤務しているのは、総合病院の門前薬局です。扱う薬の種類が非常に多いため、最初は覚えるのに苦労しました。そこで、先輩に使用頻度の高い薬からリスト化していただき、その用法、用量、効能などをひたすら暗記。おかげで、今では薬の名前を見れば、添付文書を読まなくても、「こういう病気の患者様なんだろうな」と、わかるようになりました。患者様への服薬指導も最初はうまくできなくて、「1日に○回これを飲んでください」と伝える程度でした。でも、飲み方のコツや味のクセまで丁寧に伝える先輩たちの説明をそばで聞いたりすることで、薬はもちろん、患者様とのコミュニケーション方法もずいぶん勉強できたと思います。

Q2入社してよかったことやこの職場の好きなところなど、エピソードがあれば教えてください。

スタッフの仲がいいことです。20代から60代と、スタッフの年齢の幅が広い職場ですが、地元のおいしい店や旅行の話題で盛り上がったりと、年齢差を感じることなく、楽しく仕事をしています。でも、仕事ではやはり「さすが先輩」と感じることが多いですね。入社当時には服薬指導をする私のそばに付き、「こういう点が良かった」「ここはもうちょっと強調した方がよかった」と、後からわかりやすくアドバイスしてくださいました。仕事にも慣れてきた頃、ご高齢の方にぜんそくの吸入器の使い方について説明していたら、しばらく黙って見ていた先輩が「こちらの患者様にはこれを使っていただいた方がいいと思うよ」と、補助器を持ってきてくださいました。力の弱い方でも吸入器が押しやすくなるというもので、患者様に試していただいたら、「この方が使いやすいです」と喜んでくださいました。ただ薬や器具の説明をするのではなく、患者様のことをよく見て、それぞれにあった対応をしていかなければならないと反省しました。同時に、先輩のすごさを改めて実感したできごとでもありました。

Q3この仕事で心がけていることを教えてください。

親身になって患者様に対応するということです。そのため、普段から挨拶やちょっとした世間話などで患者様とコミュニケーションをとり、患者様にとって話しやすい空気を作るようにしています。また、服薬指導の時は正面から患者様の顔を見て話すというのも、心がけていることの1つです。もし患者様が薬の説明を理解できなかった場合、どんなに言葉で「わかりました」とおっしゃったとしても、顔を見れば不思議と「理解していただけていない」ということがわかったりしますよね。それくらい表情や話し方から伝わることは多いもの。言葉だけのやりとりではそうした点に気づくことが難しく、患者様がこちらに伝えるべき疑問や悩みを隠してしまう可能性さえあります。患者様にお薬をお渡し、「薬を飲んで体調がよくなった」とおっしゃっていただくことがこの仕事の大きなやりがいなのですから、これからもしっかり患者様の顔を見て、コミュニケーションをはかっていきたいと思います。

Q4今後の目標を教えてください。

目標の1つは、管理薬剤師や店長を任せていただけるレベルにまで成長することです。ファーマライズホールディングスでは、店づくりは店長の裁量に任されている部分が大きいですから、いつかは自分もその立場に立ち、いろいろ挑戦してみたいと思っています。そのためにも、今は先輩たちのもとでひたすら勉強あるのみです。また、個人的に目指しているのが、認定スポーツファーマシスト。これは、最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を修得し、アスリートを含むスポーツ愛好家に薬の正しい使い方などを指導する薬剤師です。実は今、地元の高校の卓球部で週に1度、コーチのようなことをしています。10年以上の卓球経験があることと、初心者の指導に比較的慣れているということで頼まれたのですが、一生懸命練習している高校生の姿を見ているうちに、自分の仕事を活かしたサポートもできないかな、と。現在、来春の資格取得を目標に受講中です。

転職検討されている方へ、ひとことお願いします。

転職後のギャップ防止のため、
事前の職場見学を。

転職を決める前に、勤務することになる職場を見学した方がいいと思います。そこで働く自分を具体的にイメージでき、入社後にギャップに悩む可能性が低くなるはず。私も、転職前に現在勤めている薬局を見学。雰囲気のよさに「ここで働いてみよう」と決めました。

ファーマライズホールディングス株式会社の求人情報をご覧頂きまして、ありがとうございます。
お問い合わせ頂くとご希望のエリア・条件に合った求人情報をご提案します。

この企業の求人に問い合わせる

ファーマライズホールディングス株式会社の薬剤師求人・募集情報

一部の求人情報のみ公開しています。ご希望のエリア、条件は問い合わせの上ご相談ください

145件の薬剤師求人が見つかりました。

企業求人情報のTOPへ戻る

ファーマライズホールディングス株式会社の求人情報は公開されていない人気求人も多数ございます。
まずは専任アドバイザーまでお問い合わせの上ご確認ください。

この企業の求人に問い合わせる

あなただけの求人を紹介する! 薬剤師専任のキャリアアドバイザー

リクナビ薬剤師は、ご紹介した求人へ就業していただくことだけが目的ではございません。就業先への「満足」を維持しながら1日でも長く就業して頂くことを目的としています。

薬剤師さん専任のキャリアアドバイザーの「あなただけ」3原則

原則1 「あなた」も「雇用先」も満足頂ける求人を徹底的に探します!
必ずしもあなたの希望を完全に満たせる求人が見つかるわけではありません。数多くの求人から薬剤師専任キャリアアドバイザーが、あなたが満足できる条件の求人を提案させて頂きます。キャリアアドバイザーからの求人提案により、潜在化していたあなたの満足条件を引き出し転職成功へ導きます。
原則2 「あなた」が勤める勤務先の情報を徹底的に事前調査します!
「どのような人がいるのか?」「スキルアップできる環境なのか?」「話の合う同世代がいるのか?」など、働く上で気になる情報を徹底的に事前調査することで、就業後に予想外の問題が起こらないよう最善を尽くします。
原則3 「あなた」が働きながら転職できるよう万全のサポートをします!
働きながらの転職活動は難しく、予定通り進まないことが多いものです。また、退職期日が迫っている場合は、転職条件を妥協しがちです。薬剤師専任キャリアアドバイザーは、ゆとりを持って「安心」して転職先を吟味できるようあなたをサポートいたします。勤務先への条件交渉もお任せ下さい。薬剤師業界に詳しいキャリアアドバイザーがあなたの希望を叶えるべく、徹底サポートします。

お気に入り求人

一覧を見る

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。