認知症研修認定薬剤師

認知症研修認定薬剤師とは?

2015年に発表された、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に、薬局および薬剤師に期待されることとして、認知症の早期発見が明記されました。認知症研修認定薬剤師制度は、認知症の疑いがある人に、医師と連携して対応し、状況に応じた服薬指導を適切に行えるようにすることを目的とし、2016年に創設されました。本資格の保有者は、医療・介護・福祉チームの一員として薬物療法を中心に参画し、また患者とその家族を薬学的視点を踏まえたうえで助言、対応にあたることが期待されています。

認知症研修認定薬剤師の取得方法

認知症研修認定薬剤師 取得条件

試験 会員・勤務歴・他の認定の有無 研修単位
実務経験3年以上
日本薬局学会正会員
認知症サポーターである
薬剤師認定制度認証機構が認めた研修認定薬剤師である
e-ラーニング20単位以上
ワークショップ6単位以上
論文 学会発表 症例 更新(年)
3 3

認知症研修認定薬剤師に関するお問い合わせ

認定団体WEBページ
日本薬局学会

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。