がん専門薬剤師
がん指導薬剤師

がん専門薬剤師
がん指導薬剤師とは?

がん専門薬剤師は、高度化するがん医療の進歩に伴い、薬剤師の専門性を活かしたより良質かつ安全な医療を提供するという社会的要請に応えるため、がん薬物療法等について高度な知識・技術と臨床経験を備える薬剤師を養成し、国民の保健・医療・福祉に貢献することが期待され、資格が創設されました。なお、平成19年に厚生労働省から告示された『広告ができる医療従事者の専門性資格要件』を契機に、『広告ができる資格』とするために日本病院薬剤師会から日本医療薬学会へ移管され、内容も変更されています。 がん専門薬剤師のポイントは、
・薬剤師にかかわる資格として唯一医療法上、広告が可能であること
・研究実績ではなく臨床能力を重視していること
・認定研修施設における5年間の研修が必須であること
・病院薬剤師に加えて、保険薬局や大学に勤務する薬剤師も対象であること
・5年ごとの更新時にも講習単位と臨床実績を求めること
があげられます。また、更新時にも50症例提出が規定となり、常に現役として臨床の最前線にいることが求められます。
がん専門薬剤師の次のキャリアステップとしては、がん指導薬剤師があり、より専門性を活かし後進の育成にあたることが期待されています。

がん専門薬剤師
がん指導薬剤師インタビュー

薬剤の適正使用による安全の確保や副作用の軽減に対してより責任を持てるようになりました。

取得のきっかけ - 先輩たちが資格取得の道筋をつくってくれました。

伊藤大輔さん
伊藤大輔さん 岐阜薬科大学卒業。卒業後は大垣市民病院薬剤部に勤務。外来や入院患者の調剤を担当するほか、化学療法の通院治療センターでは、抗がん剤の治療によって予測される副作用の説明や管理などを行っている。2014年1月にがん専門薬剤師の資格を取得。

当院で勤務するようになり、配属された病棟は消化器外科。特にがん患者さんが多い科なので、自然とがん治療に関わる機会が増えました。がん専門薬剤師の資格を取得している先輩も周りに多く、資格取得を目指したのは自然な流れでした。

難易度 - 認定審査の1つである50症例の提出に苦戦。

がん専門薬剤師になるためには、認定試験に合格しなければなりませんが、試験を受ける前に、認定審査を通る必要があります。学会の定めた研修カリキュラムに従って、がん薬物療法に関する5年以上の研修が必要なほかに、がん患者さんに対してのどのように服薬指導をしたか、医師にどのような提案をしたかといった薬学的介入実績を50症例提出しなければなりません。3臓器・領域以上のがん種を提出するといった条件があり、消化器外科以外の症例も必要だったため、苦労しました。

取得後 - 資格取得のために勉強したことが現場で役立っています。

当院では外来化学療法を通院治療センターで実施していますが、そこで薬剤師として薬剤の適正使用による安全の確保、がん化学療法による副作用の軽減を目的とした支持療法に参加しています。資格を取得してからはこうした支持療法に対する提案を医師に受け入れてもらいやすくなったように感じます。上司や周囲のスタッフからもより、がん専門の薬剤師として信頼されるようになりました。
自分自身も資格取得後は、がん専門の薬剤師としての責任や意識がより高まりました。ただ資格取得はあくまで通過点であり、知識の修得や日々患者さんと向き合うことの継続が必要だと実感しています。
今後は患者さんに薬に関することだけではなく、何でも話してもらえるような薬剤師になりたいです。ご自分からは話しかけてこられない患者さんでも、ちょっとしたサインを見逃さずに患者さんの気持ちをくみ取ることが目標です。特に化学療法を初めて受ける患者さんにとって、一番の不安は抗がん剤の副作用です。患者さんひとり一人の訴えをじっくり聞いて、起こる可能性がある副作用を予防することで患者さんの不安を少しでも和らげたいと思っています。

この資格を目指す方へ - 日々の症例を積み重ねることが資格取得につながります。

資格をとるにあたって、50症例を提出しなければなりませんが、日々の業務を積み重ねることで患者さんに対しての経験値も上がっていき、資格取得に向けての基盤ができます。資格取得後は、医師や看護師などチーム内の連携もよりスムーズになり、それが患者さんにとってのメリットにもなります。患者さんに対してがん専門薬剤師であることを伝える機会はほとんどありませんが、結果的には患者さんの役に立つことができる資格だと思います。

がん専門薬剤師
がん指導薬剤師の取得方法

がん専門薬剤師 取得条件

試験 会員・勤務歴・他の認定の有無 研修単位
実務5年
研修施設での研修歴5年
50単位
論文 学会発表 症例 更新(年)
50 5

がん指導薬剤師 取得条件

試験 会員・勤務歴・他の認定の有無 研修単位
がん専門薬剤師5年
学会員歴5年
論文 学会発表 症例 更新(年)
学術論文3編
あるいは、がん領域の英文論
筆頭著者1編
国際学会
あるいはがん領域関す発表3回
あるいは国際学会筆頭発表者1回
5

がん専門薬剤師
がん指導薬剤師に関するお問い合わせ

認定団体WEBページ
日本医療薬学会

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。