薬剤師国家試験の傾向と対策 年間スケジュールと傾向と対策

学習の順番は・・・慣れるが勝ち!

多くの学生がはまりがちな落とし穴

学習のやり方はひとそれぞれです。
しかし、固定観念にとらわれていませんか?
順番を変えるだけで、ぐっと皆さんの理解力が強まります。

しかし、たとえば、皆さんの苦手な物理化学の場合…

POINT

実は順番は関係ない!

特に化学系では重要なのは”慣れ”!

POINT

最後に理解しても良いのです!だから慣れちゃえ!

人間の記憶の3ステップを効率よくまわす!

POINT

”想起”を促す工夫をしてみよう!

想起を促す工夫=つなげる

人間の記憶のステップ:効果的な想起を促す3つの方法

ものごとを自分のモノにするためにはステップを踏みます。
知識も自分のモノにするためにステップがあります。
ここでは、効果的な記憶のつなげ方をご紹介しましょう。

①因果関係でつなげる

例えば、必ず出てくる心臓の因果関係

POINT

機械的に分類されたモノは、想起しにくい。
自然的分類(自然な流れ)で覚える方が思い出しやすい

②意義・使命感とつなげる

乗り物などに乗っていて、お医者様はいらっしゃいませんか?
という場面に出くわしたとき、医療人として何か役に立ちたいですよね。
死亡原因の第1位はガン。2位が心疾患。
卒試・国試のためとはいえこれらの勉強が、
今後、目の前にいる人が心疾患で急変した時にも、役立ちます!
このような意義を考えながら、それぞれを関連付けて覚えましょう。

POINT

医療人として知っておくべき、など意義を考えて関連づける

③「感情」とつなげる!

人は感情とつながった事象は頭に残ります。
ゆえに、「なるほど!」や、「わかった!」「そうだったんだ!」という感情を大切に、感情豊かに勉強していきましょう。

POINT

常に感情豊かに勉強しよう!

効率がよくなる!過去問の解き方

過去問題は出題者からのメッセージ。
この過去問を解く事は勉強法の王道中の王道。
しかし、この学習方法もやり方一つで効率が全然違うのです!
あなたの方法は間違っていませんか?

脳内の神経伝達スピードは人間、みな同じ

POINT

2時間やるより10分を12セットやるほうが学習効率は高まる!

①時間効率:締め切り効果を使う!

POINT

ドリルなどで繰り返し学習が効果的!

②慣れ:プロセスが同じなら、繰り返すことで早くなる。

POINT

すぐ3回やったほうが時間効率が高く、記憶の定着がよい!

過去問の解き方の極意!

希望に合った求人を紹介します

リクナビ薬剤師の転職お役立ち情報

プライバシーマーク

リクナビ薬剤師を運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、プライバシーマークを取得しており、お客さまの個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。